心の診療所 マルシェグループ

スタッフブログ

餃子のタレ

居心伝ギョーザ

実はとても奥の深い餃子。
中身の具材や焼き時間、タレなど、組合せ次第で様々な味の餃子ができあがります。そんな餃子ですが、例えば、タレだけ見ても地方で違うって知ってました?

まずは、おおまかに関西と関東に分けてみます。
関西ではラーメン屋さんなどによく「餃子のタレ」が置いてあったりします。酢や醤油、ラー油、隠し味などをブレンドし、そのお店オリジナルの味をタレでも表現しているところが多くあります。しかし、関東では「餃子のタレ」が置いてある事は少なく、お客さんが自分の好みに合わせて、酢や醤油などを自分でブレンドするスタイルになります。

また、ポン酢で餃子を食べるのは西日本の特徴になります。

さらに、地域をもっと絞ってみると、例えば、兵庫県では神戸を中心に「味噌ダレ」で餃子を食べます。

★関連記事★
餃子にニンニクが入れられた理由
日本と中国、餃子の違い

スマホサイトを表示