心の診療所 マルシェグループ

コーポレートサイト

食の安全・安心

事故予防に関する取組み

昨年は、相次ぐ食品への異物混入報道により、食の安全・安心に対する社会的関心が高まった年でもありました。当社では、お客様から頂戴する商品へのご指摘に対して、速やかに対応出来る体制の見直しや、店舗へ卸している商材が安全・安心であるかのチェック体制を強化するために、品質管理委員会を立ち上げました。

品質管理委員会では、各店舗へ卸している商材の仕入れメーカーに対し、商材の企画書を今まで以上に厳重にチェックを行い、店舗に到着する前段階で事故を未然に

防ぐ体制を強化いたしました。店舗においては、従来から発足している事故予防委員会を中心に、食中毒予防を徹底的に見直しております。食中毒事故が発生しやすい6月と12月の前月に、加盟店を含むグループ全店舗が参加する事故予防講習会を実施することで、店舗スタッフに事故対策を再認識させています。

  • ①問診表の運用によるスタッフの体調管理
  • ②従事するスタッフの
    3分間手洗いの実施
  • ③冷蔵庫内の温度管理と
    食材の日付管理チェック
事故予防に関する取組み

左記3点を徹底することで店舗における食中毒予防対策を行っております。店舗に納品する商材については品質管理委員会にて、店舗における商材の取り扱いについては事故予防委員会にてそれぞれ管理体制の強化を図ることで、お客様に安心して料理をお召し上がりいただく店舗運営を行っております。

なにわ餃子が出来るまで

加工工場

食材カット

清掃・異物除去

成形・凍結

原料をカットした後、手洗い洗浄と機械洗浄を複数回行うことで、金属片等の異物除去を行い、更にプラスチック片等の異物は、直接「洗浄シャワー」で除去を行っています。

包装行程

包装

金属探知機

X線検査

梱包

出荷

包装後にも、商材への異物混入の可能性を最小限に抑えるために、金属探知検査、X線検査を行った後、店舗に出荷を行っています。

食の情報メニュー

食の情報メニュー

弊社では、エネルギー・塩分・アレルゲン・原産地表示を行い、安全・安心への取組みとして、指定添加物の排除や使用食材の国産化を積極的に行っております。取組みの一環として、アレルゲンの表示を従来の7品目に20品目を加えたものを表示しております。

PDFリーダーはこちら

社会と共に

愛の募金報告

皆様、平成27年度「マルシェ愛の募金」に、心温まるご支援、ご協力いただき誠にありがとうございました。平成27年度は、皆様からお預かりいたしました総額3,750,395円を、「マルシェ愛の募金」事務局において公平に審査いたしまして寄付先と金額を決定させていただきました。

ボランティア活動

私達、マルシェ株式会社では、社会貢献活動・地域貢献活動の一環として、定期的にボランティア活動に取組んでおります。

ふるさと応援団マルシェ

マルシェは地域創生の取組みや活動を応援しています。

furusato

国内人口の減少に伴い、2040年には地方自治体の半数が消滅すると言われています。その対象となっている小規模な市町村の特徴は、農業・漁業・畜産業・林業などの第一次産業が中心であり、この地域における人口減少に加え、労働人口の高齢化により、過疎化・限界集落化が進んでいます。しかしながら、これらの市町村は、「食」を長く支えてきた拠点でもあり、かつ貴重な歴史・文化が育まれた地域でもあります。

当社は、そのような地域で地方創生に係る方々の志に共感し、その地域の特産品を利用した商品づくりや、販売のお手伝いをさせて頂く事で地域の活性化に繋げたいとの想いから「ふるさと応援団マルシェ」活動を行っております。